韓国語翻訳でお困りならご遠慮なくご相談ください

韓国語翻訳を依頼する際のポイント

韓国語翻訳を依頼する際にはいくつかのポイント押さえなければなりません。まずは目的言語として、どの言語に翻訳するかです。現在のグローバル社会では言語としては英語と中国語は必須で、場合によっては韓国語も欠かせない存在でしょうか。更にこうした韓国語で翻訳依頼をかけるときに気になるのは、特に専門用語の扱いです。どうしても都度変わった翻訳業者に依頼するとゼロからスタートになってしまいます。

もちろん、定期的には翻訳業者の選定は必要になるのでしょうが、ある程度は決めておいたほうが無難だと思います。勿論、秘密保持誓約書は締結する前提ですが専門用語に関しては、最初から渡しておいた方が安心かもしれません。

そして、翻訳品質の大半を決定するのは翻訳者です。同じ翻訳者に継続してお願いできたほうが業界専門のシナリオなどがある場合にはもちろん安心です。一般的な内容ばかりであれば、それほど気にする日梅雨もないかもしれませんが。

こうして、いくつかのチェックポイントをクリアした上で、翻訳する翻訳業者を選定していくことになりますが、最後に翻訳に関する料金です。これはもちろん重要であり、馴れ合いにならないように定期的にきちんと相見積もりでも行って、決まった翻訳業者といえども緊張感を持たせるほうが良いと思います。

韓国語翻訳を翻訳業者に依頼するときにはネイティブに対応しているかどうかということも重要となってきます。それに対応していないと、ビジネスの世界ではなかなか活用できるものとなりません。多少費用が高くなったとしても、そういった翻訳業者に依頼したほうが役に立つ翻訳をしてもらえると思いますので、覚えておいていただければと思います。

韓国語の翻訳作業は予想以上に労力が必要

私は長年韓国語の翻訳の勉強をしています。以前は翻訳の通信講座で勉強したこともありました。そこでは翻訳と直訳の違いなどを学ぶことができました。同時に原稿内容を十分に理解していないと、正しい翻訳ができないことも知りました。 時代ものの物語などの翻訳は、中国の歴史やそれらに関した事柄を勉強する必要があります。韓国語の翻訳の勉強をして思ったことは、かなり多くの知識が必要だということでした。翻訳を勉強する本はいろいろありますし、その都度それに関する資料などを調べる必要があります。かなり気を遣う作業ですし、翻訳はかなり骨の折れる作業です。

それでも今まで続けてこられたのは、韓国語の翻訳をしながら、自分がその作品を楽しんで読んでいるからかもしれません。海外には日本語に訳されていない多くの素晴しい作品があります。特に子供向けの絵本や児童文学などは、内容の前に挿絵の好みで選んでしまうこともあります。海外作品の昔の作品の挿絵は、日本の子供たちにとっては怖く感じるものも多くあります。

そのお話を可愛い挿絵と共に、子供たちに分かりやすい内容で翻訳できれば、もっと絵本や児童文学の人気が高まるかもしれません。本離れが問題になっていますが、子供たちが興味を持ちやすい作品を大人がたくさん作っていくことが大切だと思います。そのためにも自分でできる韓国語の翻訳の作業を少しずつでもやっていきたいと思います。

英語以外の言語で翻訳者を目指している方へ

私は大学生の頃韓国語を専攻しており、韓国語の翻訳の世界に興味を持っていました。ただ英語が世界共通語となっている今、英語以外の言語で食べていくのは非常に難しいと思います。そこで、韓国語以外の外国語を目指している翻訳者に対して、下記をアドバイスさせて頂きます。

まずは、英語を勉強することです。そんなアドバイス聞きたくないと思うかもしれませんが、これは私が身に染みて感じていることの一つです。大学の時に先生からも英語の重要さについて言われました。英語以外の言語の翻訳で活躍する人は、英語の翻訳も掛け持ってやっていることが多いようです。それだけ英語の需要が多く、他の言語だけでは食べていける可能性が低いということです。一般企業で翻訳求人があったとしても、英語が必須条件となっている場合が多いと思います。従って、英語の苦手意識を持っている人やあまり勉強をしてこなかった人は、それに気付いた時点で英語を対策することをオススメします。

次に大切なのは、自分の専門分野を見つけることです。翻訳とはとても専門的な仕事なので、翻訳の内容も専門的な内容であることが多いと思います。色んな分野に精通していることはとても大切だと思いますが、翻訳の仕事は専門分野がないと仕事が受けられる可能性は低くなると思います。自分の興味のあることや得意なことに目を向け、その分野の知識を広げつつ語学の力を身につけていくことが大切だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました